質の高い口腔外科治療なら米子市のいなむら歯科へ

口腔外科

MENU

お口の外科的治療にも
対応しています
米子市淀江町の歯医者いなむら歯科では、
一般的な歯科治療以外の外科治療にも対応しています。
親知らずが生えてきた、お口の中や顎を怪我した、できものができて痛む...など
軽い症状でも、手遅れになってしまう前にできるだけ早めに歯科医院へご相談ください。

口腔外科の治療について

*
外科的な歯科治療で
機能性・審美性の回復を行います
口腔外科は外科的に行う歯科治療で、親知らずをはじめ、交通事故などの外的要因による疾患、口腔粘膜疾患(口内炎)などの内的要因による疾患にも対応しています。
米子市淀江町の歯医者 いなむら歯科では、患者さまのお口周辺の様々なお悩みやトラブルに対してしっかりとカウンセリングを行い、最善の治療法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。
  • 埋伏歯(親知らず)
    親知らずがまっすぐ生えてこない、斜めや横向きに生えてきて痛んだり、生えてこないまま歯茎が腫れてしまい痛む。
  • 顎関節症
    口の開閉時に顎の関節がカクカクと鳴ったり痛む。大きく口を開けても指が縦に3本入らない。
  • 口腔粘膜疾患(口内炎)
    口の中や舌に小さなできものができて、触ると痛い。口の中の粘膜が赤くただれている。
  • 腫瘍
    口の中の粘膜や歯ぐき、あごの骨などに腫瘍(できもの)ができた。時々痛みを感じることがある。
  • 外傷・ケガ
    事故にあい口の中に怪我をした。ぶつけたところの歯がグラグラしている、または抜けてしまった。
  • 舌痛症
    見て分かる炎症やできものはないが、舌がヒリヒリしたり、ジンジンと痺れるような痛みがある。

上記以外にも様々なお口の疾患に対応いたします。
お気軽にご相談ください。

親知らず

*
親知らずは多くのトラブルの引き金に…
食生活の変化により、現在日本人の顎は小さくなっている傾向にあります。スペースが小さくなったことで、顎の奥に場所を確保できなくなった親知らずが、横向きや斜めに突出し正常に生えないことがあります。
また、一部だけ顔を出したり、骨や歯肉の中に埋まったまま完全に萌出しない状態=埋伏歯(まいふくし)になることがあり、その埋伏歯と周囲の歯の間に汚れがたまり虫歯になってしまうことも多く、親知らずは多くの歯科疾患の引き金になり得る厄介な存在です。
*
親知らずは抜歯しないといけないの?
まっすぐ生えた親知らずは、急いで抜歯する必要はありません。ただ、痛みがない場合でも親知らずの位置や向きによっては、その後全体の歯並びや噛み合わせを乱す原因になってしまうことも...。手遅れになってしまう前に、抜いてしまうことが推奨されます。
親知らずはその生え方の悪さから周囲の歯を圧迫し、それに伴って歯並びが悪化すると歯茎に痛みが出てきたり、腫れたりして日常生活に影響します。症状が急変することもありますので、親知らずが生えてきた、埋まっているけど気になるという方はできるだけ早めに米子市の歯医者 いなむら歯科までご相談ください。

顎関節症

思い当たる方は要注意!
顎関節症の症状
チェック
  • 食事中、こめかみや耳の付け根が痛い

  • 突然口が開かなくなった

  • あごがよく外れてしまう

  • 口を開閉するとカクカクと音がする

  • 口を大きく開閉できない

  • 食べ物を噛んでいると顎がだるい

お子さまが一つでも当てはまる場合は、
ぜひ一度歯科医院へお越しください!
*
原因は些細なことかもしれません
顎には知らず知らずの内に大きな負担がかかっていることがあります。パソコンやゲームに集中している時はもちろん、ストレスでイライラしている時や料理中など意外な場面でも顎には力が入ってしまいます。
顎関節症は顎に負担がかかることで発症し、顎関節を動かすと痛む、あごを動かすとカクカクと音がする、口が大きく開かなくなるなどの症状があります。頬杖や歯ぎしり、姿勢の悪さなどの些細な癖も、原因の一つになっているかもしれません。
顎関節症を改善することで、今まで慢性的に悩んでいた頭痛や肩こりが解消されることもあります。不調がなかなか治らず困っている方は、一度ご相談ください。
日常生活のこんなところで
あごに大きな負担が…
  • 長時間集中してパソコン作業をしている時
  • 夢中でゲームをしている時
  • ストレスが多くイライラしている時
  • 千切りなど、調理に集中している時
  • 下を向いてスマートフォンを操作している時

歯を食いしばらず、あごをリラックスさせてあげましょう!

口内炎などお口の中の
できもの

*
治らない場合は病気のサインかも?
歯茎やお口の中に発生するできものは口内炎であることが多く、時間が経つと自然に治癒します。しかし、症状もなく徐々に大きくなるできものが発生した場合は、良性腫瘍か口腔がんの可能性もありますので、2週間以上経っても改善しない時は歯科医院へお越しください。
米子市の歯医者 いなむら歯科では、重大な病気のサインを見逃さないように、精密な検査が行える設備を整えています。
  • 口内炎

    多くは灰白色や黄色の膜で覆われています。口内炎の原因として、お口に当たっていた尖った詰め物・被せ物などによる慢性的な刺激があります。お口に合っていない入れ歯の調整をするなどといった原因の改善で、炎症を改善することができます。

  • 口腔がん

    お口にできる悪性腫瘍=口腔がんです。口の中にあり直接見ることができるため、自分で発見する場合もあります。
    しかし、痛みも少なく口内炎だと勘違いしてしまうことが多いので、2週間以上治らないできものがある、という方は早めに歯科医院を受診しましょう。