米子市でオーダーメイド義歯(入れ歯)対応のいなむら歯科

義歯(入れ歯)

MENU

ストレスフリーな
オーダーメイドの入れ歯を
虫歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまった場合、
人工の義歯で補完する必要があります。
歯は食事はもちろん、コミュニケーションをする上でも必要不可欠です。
お口の状態に合わせてご提案いたしますので、初めて入れ歯を製作される方も、
お気軽にご相談ください。

お口に合う入れ歯を
つくるために

*
現状やご不満・ご要望をしっかり伺います
入れ歯は大きく、部分入れ歯(部分義歯)と総入れ歯(総義歯)に分けられます。米子市の歯医者 いなむら歯科では、患者さまのお口の状態に合わせて入れ歯の種類をご提案させていただきますが、種類によって着け心地や見た目への影響も変わってきますので、ご要望がありましたら気兼ねなくご相談ください。
しっかりとカウンセリングをしたあとは、入れ歯の製作へ向けて、取り扱う素材についてどのようなメリット・デメリットがあるのかを説明しながら、選定していきます。
話している最中に落ちてこないか?食事中に痛みがないのか?など不安や心配もあると思います。初めての方はもちろん、入れ歯の作り直しをされたい方へも使い方やケアの方法などを丁寧に説明いたしますので、ご安心ください。

入れ歯(義歯)の種類

  • 1〜少数の歯を失った場合
    部分入れ歯

    部分的に歯を失ってしまったところに装着する入れ歯です。
    残っている歯にバネを引っ掛けて使用します。自由診療にはバネの部分(クラスプ)が目立たない「ノンクラスプデンチャー」という入れ歯もあります。

  • 多数〜すべての歯を失った場合
    総入れ歯

    全ての歯もしくは大部分の歯を失った場合は総入れ歯になります。人工歯と歯茎を補う床(しょう)で構成されており、口腔内の粘膜に密着させて使用します。

保険診療の入れ歯

*

保険診療の入れ歯では使用可能な素材に制限があり、人工歯と床(しょう=歯ぐきとなる部分)はレジンなどのプラスチックで厚み(約1.5mm)が出てしまい食事の際に料理の温度や味わいを感じにくいことがあります。臭いや汚れも吸着しやすいため、長年の使用に適していません。
また、部分入れ歯では素材が限られるので、金属のクラスプ(留め具)が必要になり入れ歯を装着する場所によっては目立ってしまい、審美性に欠けます。

メリット
  • 保険適用なので費用を抑えられる
  • 修理や調整が比較的簡単にできる
デメリット
  • 厚みがあり会話しにくい・違和感がある
  • 味・温度が伝わりにくいため、料理の味わいが変わってしまう
  • 臭いや汚れがつきやすい
  • 耐久性に劣る

自由診療の入れ歯

*

保険適用外の自費診療では、入れ歯の素材を自由に選ぶことができます。
薄くて軽い素材や、臭いや汚れがつきにくく衛生的な素材など、保険診療の入れ歯のデメリットを解消することができ、使い勝手の良さや見た目の美しさを追求できるものなど種類は豊富です。
審美性や機能性が向上する分、保険診療の入れ歯より費用は高くなりますが、使用時のストレスや見た目、話しやすさなどを総合的に考えて、自分に合う入れ歯をつくることが可能です。

メリット
  • 軽くて柔らかい、厚みの薄い素材もあり違和感・異物感なく快適に装着できる
  • 金属部分(クラスプ)のない入れ歯は審美性が高く、周囲の人にも気付かれにくい
  • ご自身の歯のように食事を楽しめる
デメリット
  • 保険適用外(自由診療)のため費用が高い
  • 修理に時間がかかることがある

当院の特徴と
オススメの入れ歯

*
院内技工室完備・技工士も数名在籍しています
本来、入れ歯は外部の技工室へ製作を依頼する必要があります。そのため、完成まで時間がかかったり、技工士が直接患者さまのお口の中を確認できないことによる食い違いが生じることがあります。
米子市の歯医者 いなむら歯科では院内に技工室を完備しており、技工士も数名在籍しています。入れ歯の制作時間の短縮はもちろん、微妙な調整も迅速な対応が可能です。さらに、患者さまと技工士が直接お話ししたりお口の中を見ることも可能なので、歯の形態や色調を確認しながら調整を加えることができ、入れ歯の精度も向上されます。

オススメの入れ歯

  • *

    BPS総義歯
    米子市の歯医者 いなむら歯科では「BPS総義歯システム」というヨーロッパの最新技術を駆使して開発された、快適性・審美性・機能性を徹底的に追求した精密なオーダーメイド入れ歯を取り扱っています。
    作製時には顎や筋肉の動き、発音、顔のバランスなどの詳細な検査を行います。そこから取得したデータをもとに適合性の高い入れ歯を作製することができるので、まるで本来の自分の歯のような見た目、感覚で食事や会話を楽しむことができます。
  • *

    金属床(メタルプレート)義歯
    歯肉に触れる主要部分である「床(しょう=歯ぐきとなる部分)」が金属でつくられた入れ歯です。
    金属床は薄い素材のため、保険適用の樹脂で作る入れ歯に比べると、装着時の違和感が少なく、食事にも影響しにくいというメリットがあります。生体親和性の高い身体にやさしい金属も選べますので、金属アレルギーの方でも使用いただけます。
  • *

    ノンクラスプデンチャー
    義歯を残存歯に固定するバネ(クラスプ)がない義歯です。金属部分がなくなる上に床(歯茎を補う部分)が歯肉に馴染む色なので、周囲の人にも気付かれにくいです。柔らかい素材で軽量なので、口当たりも良く、異物感や周囲の歯を傷つける心配もありません。
    また、金属を使用しないためアレルギーが発症する恐れもありません。

入れ歯を長く
ご愛用いただくために

*
入れ歯でもメインテナンスは必要です
虫歯や歯周病など細菌の影響を受けやすい天然歯と違い、人工物である入れ歯は病気になったりしませんが、定期検診は必要です。
部分入れ歯の方は残存歯を守る目的はもちろん、歯がない場合でも歯周病の原因菌が増殖し、歯茎の収縮を引き起こすことで入れ歯の作り直しになってしまうことがあるため、お口の健康管理はしっかりと行いました。また、ケアを怠り汚れが溜まった入れ歯は口臭の原因になる場合もあります。
米子市淀江町の歯医者 いなむら歯科では、入れ歯を長くご愛用いただくためにも、特に不調がなくても定期的に検診を受診することをおすすめしています。